FC2ブログ

悲しい。。

千葉県柏市で2011年5月、当時2歳10か月だった男児を餓死させたなどとして、保護責任者遺棄致死と同遺棄致傷罪に問われた母親の住所不定、元飲食店アルバイト小坂里美被告(28)の裁判員裁判の初公判が15日、千葉地裁(後藤真理子裁判長)で開かれた。


 小坂被告は罪状認否で「間違いありません」と述べ、起訴事実を認めた。

 起訴状によると、小坂被告は夫の雄造被告(39)(同罪で起訴)とともに、長男の蒼志(そうし)ちゃんに十分な食事を与えず、同年4月頃から栄養失調で衰弱していたのに医師にもみせずに同年5月26日に餓死させた。次女(6)についても衰弱させ、約1か月の入院が必要なほどの栄養失調に陥らせた。

 検察側は冒頭陳述で、蒼志ちゃんの死亡時の体重は5・8キロで、2歳10か月の平均体重(13・1キロ)の半分以下だったと指摘。紙おむつや段ボール、毛髪などを食べて腸閉塞を起こしていたことを明らかにした。 一方、弁護側は、里美被告が夫に心理的に支配され、逆らえない状態だったと主張した。

(2012年5月15日15時15分 読売新聞)



いつもMARIMOブログご訪問ありがとうございます。


衝撃的なニュースが多い時代。
本当に心苦しい事件で思わず日記に書いてます。


親が我が子の人生をこんな結末に導いたなんて理解できないです。


私は、子供ができてから本当に日々忙しく過ごしています。
仕事、家事、育児。。

でも子供がいるからこそ忙しい日々でも毎日乗り越えれます。

疲れていてもしんどくても息子を抱きしめた瞬間。。息子の笑顔を見た瞬間。。
幸せを感じます。

こんな事件。。
本当に無くなってほしいと心から願います。
スポンサーサイト



コメント

Secret